大人のためのプラセンタJBPプラセンタの本当の話

今まで沢山プラセンタやラエンネックに準じた製法のJBPプラセ

ンタエキスについて話をしてきましたが、肝心のプラセンタ自体

に含まれている成分についてまとめたことがありませんでした。

プラセンタ(胎盤)の成分は...


成分       機能              分子量  

アミノ酸   生命の源、色々な生理機能を持つ   低分子

ミネラル   血液・体液の調整など        低分子

核酸     遺伝子の修復。新陳代謝の調整    低分子                        

ビタミン   生理機能を調整し代謝をスムース   低分子~
       にする               中分子

脂質・    細胞を作る重要な材料の一つ     低分子~
脂肪酸                      高分子

活性ペプチド 生理学的な機能を持つペプチド    低分子~
                         中分子

タンパク   タンパク質:人の体を作る栄養素   高分子
       細胞増殖因子:新たな細胞を作る   高分子
              ための成分

ムコ多糖類  細胞間をつなぐ成分で、炎症などを     高分子
       防ぐ

酵素     生体内の化学反応を助ける      高分子


プラセンタ以外で摂取できる成分もある

アミノ酸やビタミン、ミネラルを始めペプチド、タンパク質などは

プラセンタ以外の食品やサプリからでも摂取できます。

例えばタンパク質を摂取するには肉を食べればいいのです。


低分子のプラセンタサプリでは肝心の細胞増殖因子が摂取できない 

低分子のプラセンタエキスではアミノ酸やミネラル、ビタミンは

摂取できても、高分子の細胞増殖因子は摂取できません。もちろん

アミノ酸なども美容にとてもいい成分です。でもエイジングケアを

考えたらプラセンタの中で最も大切な成分は細胞増殖因子(成長因子)

です。


ラエンネックやJBPプラセンタエキスは低分子、中分子、高分子

の成分をきちんとバランスよく抽出されています。

このことが医療現場でラネンネックが常に70%シェアがある理由の

一つであり、私がJBPプラセンタエキスの化粧品とサプリを20年

近くよそ見もをせずにひたすら愛用しつづけ、JBPプラセンタを

「大人のためのプラセンタ」と名付けたかの理由です。


プラセンタサプリはどのぐらい飲めばいいのでしょうか?

プラセンタサプリというものは世の中に沢山の商品があります。

仕事柄、たまに他のプラセンタ商品の広告などを見ることがあります。

ただ、一粒にどれだけのプラセンタ原末が入っているのかを分かりや

すく記載している商品が少ないので、きっと消費者の方々もあまり気

にしていいのが現状なのではないかと思います。

例えば1日2粒と書いてあれば2粒飲んで実際に自分がどのぐらいの

プラセンタ原末を摂取しているか気にしている方は少ないと思います。


それに、ここからが大切なポイントですが、すべてのプラセンタ原末

を一般化して”プラセンタ原末は1日にこれだけ飲めば大丈夫”という

数字が出せません。ビタミンCやコラーゲンはそういう数字を出す

ことが可能です。なぜなら、A社のビタミンCもB社のビタミンC

も質は同じだからです。


プラセンタ原末がそれができないのはA社のプラセンタ原末とB社の

プラセンタ原末は質が全く違うからです。


プラセンタ原末にする前は液状のプラセンタエキスになっています。

このプラセンタエキスがA社のものとB社のもので質が違います。

例えばA社のものには有効成分が10種類それぞれ10入っていて、

B社のものには5種類それぞれ5しか入っていなければ

同じプラセンタ原末350mgでも全く異なるものになります。


そういう理由でビタミンCのように一般化して「プラセンタサプリ

の正しい摂取量は○○○mg」のような表現はできません。


JBPプラセンタエキスから作ったJBPプラセンタ原末の正しい

摂取量は?

JBPプラセンタエキスはプラセンタ注射剤ラネンネックと同じ抽出

方法のプラセンタエキスです。

前にも書きましたが、JBPプラセンタサプリの最初の製品はヒト

プラセンタエキスを使ったラエンネックP.Oです。 

定期的に病院に通ってプラセンタ注射を受けられない患者様の

ために開発されました。ヒトプラセンタ原末が1粒350mg入っていま

す。ちなみにラエンネックは原末換算すると1アンプルに110mgほど

入っています。注射と服用では効き具合が違いますので、力価はこの

ように換算されました。


 ヒトプラセンタ原末700mg(2粒)= ラエンネック1アンプル(2cc)


日本国内でサプリにヒトプラセンタエキスは使用できません。ですので、

生物学的にヒトに近いブタプラセンタを使ったポーサイン100(1粒に

ブタプラセンタ350m含有)を医療機関様向けに開発しました。

こちらは1日3~6粒をお勧めしています。ヒトとブタは違う生き物なの

でヒトプラセンタサプリより多目をお勧めしています。


ヌメロトワラミュレットプラセンタサプリは馬プラセンタ原末でポーサ

イン100と同じ1粒に350mg含有しています。当たり前ですが病気など

の治療が目的ではないので1日2粒~4粒をお勧めしています。

でも1粒でも「肌がしっとりする」というご感想をいただいています。


前にも書きましたが美容目的であればプラセンタ注射も毎日受ける方は

いらっしゃらないと思います。だいたい多い方で週2回2~4アンプル

ぐらいでしょうか。であれば、必ずしも毎日飲む必要もないかもしれま

せん。


ただ、ひどく肌荒れしているとか、年齢的な身体や肌の変化がとても

気になるという場合はイニシアティブロードと言って、飲み始めは

毎日多目4粒から6粒お飲みいただいて状況が落ち着いたら徐々に量や

頻度を減らすという方法がいいかと思います。


プラセンタサプリを選ぶときはきちんとしたサインエンスに基づいた

抽出方法で作られ、摂取量にもサイエンスがあることがとても大切だ

と思います。


なぜなら5年後、10年後に「私はB社のプラセンタサプリずっと

欠かさず毎日飲んでいたのに、A社のプラセンタサプリを飲んでいる

彼女とどうして違うのかしら?」と思ってからでは正直遅いです。

遅すぎることはないですが、色々な意味でもったいないと思います。   

総窒素濃度0.8w/v%は.......

ヌメロトワJBPナイトセラムの濃度について説明するときに「総窒素

濃度0.8w/v%」と表現していますが、これはプラセンタ注射剤

ラエンネックと同じ濃度です。ただ広告ではこのような表現ができ

ないため馴染みのない単位だけでの表現となっています。


通常、日本生物製剤の作るJBPプラセンタエキスを化粧品に使用する

ときはここまでの濃度のものは使いません。ここまでの濃度にしなくて

も外用としての効果があるからです。


なぜヌメロトワJBPナイトセラムは0.8の濃度にしたかというと.....

10年ぐらい夜のスキンケアに日本生物製剤のGHCシリ-ズの化粧品

(今はさらにパワーアップしたLNCになっています)を使っていて

シミやしわなども増えず、常に肌の調子が良かったので、

オーガニックライフスタイルにシフトした私は100%ナチュラル

なJBPプラセンタエキスの化粧品をどうしても作りたいという

思いがありました。


試作の段階では3つの濃度を作りました。0.8がMAXです。

化粧品なので0.8まではいらないかもしれませんが、やっぱり

0.8のものが欲しかったです。


理由は2つあります。

1. 0.8のものは例えば傷や火傷に塗布すると治りが早く跡も残りに

      くいということを経験的に知っていたから。

2. 外用(スキンケア用品)として0.8の濃度のものがあれば、オイルや

  乳液、クリームなど他の化粧品と合わせても、外用として効果が

  ある濃度が保てる。

という理由から濃度は0.8に決定しました。こうやって

その時その時の肌の状態に合わせて、そのまま使っても、他の化粧品と

合わせても使える、カスタマイズできるJBPプラセンタ原液が出来上

がりました。


日本生物製剤の開発にかかわってくれた社員たちの尽力と

(株)ファーマパック様がラエネックの外用家庭版があればいいな

という私の願いを叶えてくれました。


たまに吹き出物がでても、シャンプーの時に間違って額をひっ

かいても、日焼けしてシワシワしてしまってもヌメロトワ

JBPナイトセラムがあるので安心です。

ここだけの話ですが、デリケートソーンの痒みにもほんの

一滴で快適になります。

もちろん年齢肌の悩みもほとんど感じません。サプリとの

併用による相乗効果があるおかげもありますが、作っても

らって本当に良かったです。


JBPプラセンタエキスのサプリが更年期障害に効果があるという事実


更年期とは閉経の前5年、後5年の計10年間を指します。

更年期に入ると特に閉経の1~2年前は更年期障害を感じる場合があります。

人によって症状の軽重、あるなしは違うようです。


医療機関専売のポーサイン100はブタプラセンタエキスですが、ホルモン療法で

も効果が見られなかった患者様を対象にした臨床データがあります。これが

参考文献として産婦人科診療ガイドライン 婦人科外来編2017という本の中の

「更年期障害に対する漢方治療・補完代替医療はどのように行うか」という

項目で紹介されています。


この本の中で更年期障害に対する補完代替医療として

低用量大豆イソフラボン(25mg/日)、大豆イソフラボンの一種

S-エクオール、ブタ胎盤抽出物、ブトウ種子ポリフェノールがホットフラッ

シュを含む更年期症状を改善することが報告されている。と記載されてい

ます。

 (大豆イソフラボンは植物エストロゲンなので摂取量は気を付けなければ
      ならないようです。食品からの摂取に上乗せする安全な大豆イソフラボ
      ン摂取量は1日30mgとしています。)


この中でブタ胎盤抽出物と挙げられていますが、これはブタ由来のJBP

プラセンタエキスの臨床データが裏付けとなっています。JBPプラセン

タエキスは何度も書きましたが、日本生物製剤独自の抽出方法ですので、

JBPプラセンタエキス以外のブタプラセンタエキスについては補完代替

医療となり得るのかは?となります。


私自身は更年期の半ばでポーサイン100からヌメロトワラミュレットプラセン

タサプリに切り替えました。ヌメロトワラミュレットプラセンタサプリは馬

由来のJBPプラセンタエキスですから、更年期症状についてのデータはあり

ませんがホットフラッシュが出た時は4粒に増やすことによって症状がなくな

りました。


プラセンタに対する感受性や適合性は人によって違います。

2粒でホットフラッシュがなくなったというお客様もいらっしゃれば、2粒

ではなくならず4粒から5粒まで必要だったお客様もいらっしゃいます。


私の場合は振り返ってみると、ヌメロトワのサプリ以外に週5日ぐらいは豆乳

を1日200cc(大豆イソフラボンの含有量は60cc)ぐらいと、毎晩赤ワインを

1杯から時に酩酊するまで!?飲んでいたので、それもよかったのかもしれ

ません。(飲みすぎてもヌメロトワのサプリは肝臓にもいいようで二日酔い知

らずです。)


更年期を快適に過ごすにはバランスよく更年期症状によいとされるものを摂取

するのがいいと感じています。


JBPプラセンタサプリを取り入れると更年期症状が緩和されるだけでなく

お肌や髪の毛に嬉しい変化があるのは女性としてとても有り難いことです。

ヌメロトワやJBPプラセンタエキスの化粧品やサプリを使うとどうして顔や

全身がツヤツヤしてくるのか実はハッキリとはわからなかったのです。

一つにはJBPプラセンタエキスのサプリを飲むとお肌の水分量、油分量がと

もに増えるというデータはあります。だからそのおかげかなと思っていたので

すが、昨年、プレシャスという雑誌に「艶の正体」という特集があり、ああそ

うかだからなのだと合点がいきました。

真珠のような艶に必要なものは....プレシャスの記事を簡単にまとめるとこう

です。

1.お肌と水分と油分のバランス

2.肌表面の整ったキメ

3.ハリのある真皮

この3つが揃って初めてパールのような艶のある肌になるとありました。

1番は先に説明しました。

2番目の説明はこうです.....

JBPプラセンタエキスには上皮細胞増殖因子が含まれていることが鍵です。

これが加齢などにより正常でなくなった表皮のタ-ンオーバーを促しキメを整

えます。


3番目の説明はこうです....

JBPプラセンタエキスには繊維芽細胞増殖因子が含まれています。

これがお肌の弾力やハリに必要なコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸など

の生成を助けます。


年齢とともに減少するこれらの細胞増殖因子をJBPプラセンタエキスによっ

て外から補給してあげることでお肌はツヤツヤになるのでしょう。


ヌメロトワを使い初めてどのぐらいたったころだったでしょうか、普段自分

の体をあまり見ませんが、2,3か月たったころでしょうか、自分のお腹の

あたりの肌を見てびっくりしました。その艶とハリと潤い。今でもあの感動

と喜びを鮮明に覚えています。