大人のためのプラセンタJBPプラセンタの本当の話

ご挨拶

はじめまして。 株式会社コート・ド・カシの難波由美子と申します。 プ...

続きを読む】※はじめての方は是非お読みください。

エイジングケアにとっての福音ー細胞増殖因子がJBPプラセンタエキスには含まれています。

プラセンタ、つまり胎盤には様々な有効成分が含まれています。 中でもエイジングケアを目的とした

場合に大変魅力的な成分は細胞増殖因子です。英語で言うと、グロスファクター(GF)です。

では、今、市場に出ているプラセンタ商品のすべてにこの細胞増殖因子が含まれているでしょうか。

残念ながらプラセンタ商品だからといってこの細胞増殖因子が含まれているとは限らないのです。

でもJBPプラセンタエキスには細胞増殖因子が含まれています。 これがJBPプラセンタエキスで

作られたプラセンタ商品とプラセンタ注射剤ラエンネックの大きな魅力です。 


エイジングケア目的でプラセンタ商品を選ぶ時、一番大切な事はプラセンタエキスの抽出方法

なぜすべてのプラセンタ商品に細胞増殖因子が含まれているとは限らないのでしょか。それは

胎盤からプラセンタエキスを抽出するときの抽出方法がポイントです。胎盤からプラセンタエキスを

抽出する方法はいくつかあります。 抽出方法によってはこの胎盤にある細胞増殖因子が壊されて

しまいます。

でも、JBPプラセンタエキスの抽出方法は分子分画法といって、細胞増殖因子を壊さずに抽出して

います。プラセンタ注射剤ラエンネックの製法がこれです。 ラネンックと同じ製法で作っているのが

JBPプラセンタエキスです。

分子分画法以外の抽出方法だと大きな分子である細胞増殖因子は壊され、もはやそのプラセンタ

エキスの中には細胞増殖因子は存在していないのです。

細胞増殖因子の役目

では、なぜ細胞増殖因子がエイジングケアにとって福音と私が感じるのかをご説明します。

そもそも細胞増殖因子とは何なのでしょう。

私は理系の人間ではなく理解するのがなかなか難しかったのですが、私の理解の範囲で簡単に言うと

「体内で新たな細胞を作るように指示する物質」です。場合によっては不必要な細胞を新たに作らない

ように指示する場合もあります。

この細胞増殖因子がなければ、体内で新たな細胞が作られることはないのです。

老化の始まりは体内の細胞増殖因子の数が減り始める時

私たち人間は新生児の時から3歳ぐらいまで体内で細胞増殖因子をたくさん分泌します。その後は

10~13歳ぐらいまでの間に分泌は緩やかに減っていき18歳を過ぎると急激に減ります。 

このころから体の中では老化が始まるそうです。

実際に18歳を過ぎてから老化を実感することはなかったですが、理論的にはそういうことなのです。

確か私が人生で初めて「ああもう若くない」と思ったのは26歳のときでした。 今から思うと十分すぎ

るほど若いです...。

細胞増殖因子を体外から摂取すると......

体内で細胞増殖因子の分泌量が減ってくると新しく作られる細胞の量も減るわけですから、老化して

いきます。

では18歳ごろから体内で減ってきた細胞増殖因子をラエンネックやJBPプラセンタエキスで

外から補えば老化を阻止できるでしょうか? それはわかりません。

でも40歳ぐらいから使い続けてみてこんな風に感じています。JBPプラセンタエキスを取り入れれば

老化のスピードを遅らせたり、経年劣化ではなく経年変化を楽しめることは可能だと.....。 





複数のお客様から最近続けていただいたお問い合わせは...

サプリはどのぐらい飲んでもいいのですか? というご質問です。

お答えは...いくら飲んでも大丈夫です。 でも....

目安はこちらです。

サプリの摂取量の目安

目安として(株)日本生物製剤はサプリの摂取量の適量を提示しています。

 (株)日本生物製剤の 

      JBPポーサイン100(1カプセルにJBPブタプラセンタエキス

      原末350mg)は1日3~6粒

  EQカプセル(1カプセルにJBPウマプラセンタエキス 

      原末250mg)  は1日3~4粒

これをもとに

   ラミュレットプラセンタサプリ(1カプセルにJBPウマプラセン

    タエキス 350mg)は

       1日2~4粒 としています。

ラミュレットプラセンタサプリとJBPポーサイン100の含有量も純度

同じですが、ラミュレットは主に美容目的であれば、この量で充分と

考えています。1日1粒でも効果をお感じの方もいらっしゃいます。


     * EQカプセルとラミュレットプラセンタサプリの成分は同じです。

   1カプセルのプラセンタ含有量が違います。


適量はどのように計算されたかというと....

(株)日本生物製剤がプラセンタエキス100%のサプリメントを作り

始めた理由は定期的にプラセ ンタ注射を病院に受けにいらっしゃる

ことがおできにならない患者様のために通院しなくてもプラセンタ

注射剤投与と同じ効果が得られるようにできないだろうかというこ

とでした。 そこでプラセンタエキス100%のサプリメントを作る

ことにしました。 注射で投与するのと経口で服用するのとでは力価、

(有効成分の効き具合)が違います。ですので経口つまりサプリメ

ント服用でプラセンタ注射剤投与と同じ効果を得るためにはどのぐら

いの量を服用すればいいかを計算しました。  その結果が......


JBPプラセンタエキス原末(ヒト)700mg 服用

   = ラエンネック1アンプル(2cc)投与


ただし、このJBPプラセンタエキス700mgというのはヒトプラセ

ンタエキスの場合です。

(ラエンネックP.Oというヒトプラセンタエキスを使ったサプリが

輸出用にあります。  国内では医療機関様が個人輸入をなさって販売

していらっしゃる医療機関様もあります。)


ブタやウマのプラセンタエキスはヒトプラセンタエキスより1割ほ

ど力価が低いと考え、ヒトプラセンタサプリより多目に服用する

ことを(株)日本生物製剤はお薦めしています。

多く飲めば飲むほど効果があるかどうか

いくら飲んでも大丈夫だからといって、多く飲めば飲むほど効果が

あるのでしょうか。

(株)日本生物製剤では一日8カプセル(1カプセル350mg 

ヒトプラセンタの場合)

ぐらいまでは飲む量と効果は比例するけれども、これ以上飲んでも体内

で分解されて単にアミノ酸になったり、体外に尿とともに排出させて

無駄になってしまうとしています。


私自身、風邪を引いて体調が非常に悪い時やヤケ酒をした、いえ、ひどい

深酒をしてしまった時などに1日8カプセルに相当するぐらいのラミュレ

ットプラセンタサプリを飲むときはまれにあります。

ラミュレットプラセンタサプリはどのぐらい服用するのがいいのか

ラミュレットプラセンタサプリは1カプセルに350mgウマプラセンタ

エキスが入っていますので3カプセル服用すれば計算上はラエンネック

1アンプル分は十分に摂取できるということになります。


主な目的が美容やエイジングケアの場合、プラセンタ注射は毎日

受ける方はいらっしゃらないと思います。

毎日飲む場合3カプセル必要かどうかはその方のプラセンタに対する

感受性によるのでご自身でお試しになってみるのが一番だと思います。


お客様にアンケートでお聞きしたときは多くの方が毎晩2カプセル或い

は必要と感じた時に2カプセルで効果を感じてくださっていました。


年齢が上がるほど増やしていかなければいけないのかというご質問を

いただいたこともあります

が、年齢と量を比例させる必要はありません。70歳以上の方々も

2カプセルで十分効果をお感じ頂いています。

プラセンタがご自身に必要かどうかを知るには....

もし、健康やお肌のためにプラセンタにご興味をお持ちでしたら

注射でもサプリでも構いませんが、(株)日本生物製剤のものをまず

はお試しください。


プラセンタがご自身のこれからの生活に必要な物なのかどうかは(株)

日本生物製剤のものをお試しいただければお分かりになります。 

なぜならプラセンタの有効成分を最大限に生かして抽出しているもの

だからです。 これほどのものは他にはありません。しばらく試して

みて何も変化をお感じにならなければプラセンタは今のご自身に必要

ないでしょう。変化をお感じになるようであればプラセンタが上手に

年齢を重ねるお手伝いをすることができます。


サプリをお試しになるのであれば......

(株)日本生物製剤のブランドとしては100%プラセンタエキスの製品

は上記のものがあります。

ヌメロトワの製品ももちろん(株)日本生物製剤のJBPプラセンタ

エキス100%です。

これ以外にも(株)日本生物製剤が原料を提供したり、OEMでお作り

しているものもあります。

その他の成分が入っているかどうかや価格やサービスは様々なので

お比べいただいてお選びください。


それでは次回はなぜラエンネック、JBPプラセンタエキスは

老化予防の働きがあるのかをお話ししたいと思っております。

  

  

  

  


<サプリ編>
サプリを選ぶにあたってウマプラセンタとブタプラセンタのどちらがいいのか迷う方も多いかと思います。 

JBPプラセンタエキスにもウマのものとブタのものがありますので、JBPプラセンタエキスの場合での比較のお話をします。
(他のメーカー様のプラセンタエキスは製法が違いますので成分の種類も含有量も違います。)

(株)日本生物製剤調べのアミノ酸の含有量の違いをご紹介します。

ウマプラセンタの方がブタプラセンタより
1. コラーゲンを構成するアミノ酸が多く含まれています。
2. 成長ホルモンの分泌を促し、コラーゲンの生成を促進させるといわれているアミノ酸が多く含まれています。

ここからは私見と経験からの話です。

美容目的には…….
コラーゲンに関わるアミノ酸がウマプラセンタの方が多いということなので、美容目的が主であればウマプラセンタの方がいいのかなと考えます。

JBPプラセンタエキスのサプリでウマプラセンタのものができたのは2011年です。
それまでは12年間ほどウシプラセンタやブタプラセンタのものを使ってきました。どちらもお肌と身体のエイジングケアや疲労回復の効果を実感してきました。

私自身は2012年からウマプラセンタのサプリに切り替え、さらに実感したのは

―身体や顔のお肌の潤い感、ハリ感、艶の違い

―生え際の薄毛化や毛髪が細くなってきた悩みがいつの間にかなくなった

この経験から美容目的にはウマプラセンタを私は選んでいます。

疲労回復には……..
2012年からブタプラセンタを飲んでいないのですが、疲労回復に関していえばブタプラセンタの方がより効いたような印象もあります。

私はまだやってみていませんが、その日その日の体調に合わせてウマプラセンタとブタプラセンタを使い分けたり組み合わせたりしてみるのも面白いかもしれませんね。

更年期障害には……
JBPプラセンタエキスのブタプラセンタを100%使用したサプリは臨床試験データがあり、更年期障害に対する効果も立証されています。製品名はJBPポーサイン100です。 こちらは医療機関(婦人科以外でもお取扱いがあります)のみでの販売となっています。

深刻な更年期障害を抱えていらっしゃる方でプラセンタ療法にご興味のある方はプラセンタ注射を行っていらっしゃる医療機関にご相談なさるといいかと思います。JBPポーサイン100は症状により3錠から6錠というように服用量が違いますのでお医者様が適切なアドバイスをしてくださると思います。

更年期は閉経の前後5年間、計10年間と言われています。私は更年期の真っ只中でブタプラセンタからウマプラセンタに切り替えました。 ホットフラッシュかなというような症状が出た時は服用量を増やしたところホットフラッシュはなくなりました。
このことから私の場合は更年期障害の対策としてはブタプラセンタでもウマプラセンタでもどちらでも効果があるようです。

私はJBPウマプラセンタのサプリを選んでいますが、効能に対する感受性というのはその方その方によって異なりますので、ウマかブタかご興味のある方の商品をまずは最低でも1か月お試しになるのがいいか思います。

<原液 編>
プラセンタ原液に関してはJBPナイトセラムと同じ濃度のブタプラセンタのものはないので比較はできませんが、ブタプラセンタでプラセンタ注射剤ラエンネックと同じ窒素濃度0.8のものを作ったとしたら匂いがすごくてとても使えないだろうと思います。

このことからこれだけの高濃度で無添加のものをお使いになるのであればウマプラセンタのもの以外にはないと言えるでしょう。

*JBPプラセンタエキス入り化粧品GHC(DHCではありません)でノーファンデ肌に。

JBPナイトセラムの試作品ができたのは2012年。
それまでは(株)日本生物製剤の基礎化粧品シリーズGHC(当初は輸出用のヒトプラセンタのものとウシプラセンタのもの。それからウシの代わりにブタプラセンタのものになりました。現在は商品によってウマプラセンタだったりブタプラセンタだったりします)を11年ほど使っていました。日焼けをする機会が多いわりにはシミや小じわに悩んだことがほとんどありませんでした。
ですので、ウマ以外のJBPプラセンタのエイジングケア、美白の効果もすばらしいと言えます。ただGHCシリーズは医療機関のみでの販売となっています。

またこのシリーズを使っていた40代半ばで20歳以来初めてノーファンデ肌に戻りました。40代半ばからセカンドノーファンデ時代になりました。とっても楽な上に経済的です。
50代半ばの今でも目の周りに軽くケミカルフリーの自然派パウダーファンデーンを塗る程度で済んでいます。

*JBPウマプラセンタの良さは美白+エイジングケア、そして+保湿力

2012年にウマプラセンタのJBPナイトセラムに切り替えてからその高濃度のお蔭で美白とエイジングケアの絶大な効果を実感していますが、更に良いと思う点は保湿力です。これはやはりブタプラセンタよりコラーゲンに関わるアミノ酸が多いからなのでしょう。

ご挨拶

2015.4.24

はじめまして。
株式会社コート・ド・カシの難波由美子と申します。

プラセンタを使い始めるのにちょうどいいタイミングの、私が40歳前後の時に(1999年ごろ)
(株)日本生物製剤はプラセンタ注射剤ラエンネック以外にJBPプラセンタエキスのサプリや化粧品を医療機関様用に製造し始めました。

たまたま身近にあったJBPプラセンタエキスをまだアンチエイジングという言葉が世の中に広まっていなかったころから必要に応じてて身体の内側からと外側から使ってきました。

使い始めたころは40歳前後、当時はエイジングケアをそれほど意識していたわけではなく、疲れがとれにくい時や、睡眠不足になりそうな時、風邪を引きそうな時、お酒を飲みすぎそうな時につまみとして!?サプリを飲んだりしていました。

女性にとっての大変な時期はサプリの量を調整することで楽々乗り切れたり、変わりやすいお肌もJBPプラセンタエキスのセラムで使い方を工夫しながらお手入れすることでいい状態を保つことができたり......等々。

40歳を過ぎるとお肌や身体に様々な変化があるけれど、その度にJBPプラセンタエキスに助けてもらっています。

自分自身が欲しいと思って日本生物製剤に作ってもらったヌメロトワのセラムとサプリを使い始めてからは本当にシンプルなケアに変わりました。

JBPナイトセラムとオーガニックの乳液、クリーム、オイルをその時々のお肌の状態に合わせて使うだけのシンプルケアで
満足しています。もちろん鏡の中の私は20年前の私ではありませんが、信頼できるものでケアをしているためか今の自分を素直に受け入れられます。だから目新しいスキンケアの商品が出ても目移りしないでいられます。それはとても楽で嬉しいことです。

ヌメロトワのサプリにする前はプラセンタ以外にもヒアルロン酸やコンドロイチンやブルーベリーなど他にも4,5種類のサプリ
を飲んでいましたが、今はヌメロトワのラミュレットとビタミンCとお肉をあまり食べないのでコラーゲンをサプリで取ります。これだけでなんの不安もありません。

もともと若い頃から美容にとても興味があった私ですから、きっとJBPプラセンタエキスがそばになかったら、次から次へと発売される化粧品やサプリに飛びついていたことでしょう。

人生は山あり谷ありだけれども、肌と身体が安定していることは何より有難く、JBPプラセンタエキスがずっとそばにあることに心から感謝している毎日です。

JBPプラセンタエキスについての本当の話を自分の体験と立場上知っていることから少しずつお話ししたいと思います。

ご興味がおありの方はお読みいただければ幸いです。