大人のためのプラセンタ JBPプラセンタの本当の話

プラセンタサプリはどのぐらい飲めばいいのでしょうか?

プラセンタサプリというものは世の中に沢山の商品があります。

仕事柄、たまに他のプラセンタ商品の広告などを見ることがあります。

ただ、一粒にどれだけのプラセンタ原末が入っているのかを分かりや

すく記載している商品が少ないので、きっと消費者の方々もあまり気

にしていいのが現状なのではないかと思います。

例えば1日2粒と書いてあれば2粒飲んで実際に自分がどのぐらいの

プラセンタ原末を摂取しているか気にしている方は少ないと思います。


それに、ここからが大切なポイントですが、すべてのプラセンタ原末

を一般化して”プラセンタ原末は1日にこれだけ飲めば大丈夫”という

数字が出せません。ビタミンCやコラーゲンはそういう数字を出す

ことが可能です。なぜなら、A社のビタミンCもB社のビタミンC

も質は同じだからです。


プラセンタ原末がそれができないのはA社のプラセンタ原末とB社の

プラセンタ原末は質が全く違うからです。


プラセンタ原末にする前は液状のプラセンタエキスになっています。

このプラセンタエキスがA社のものとB社のもので質が違います。

例えばA社のものには有効成分が10種類それぞれ10入っていて、

B社のものには5種類それぞれ5しか入っていなければ

同じプラセンタ原末350mgでも全く異なるものになります。


そういう理由でビタミンCのように一般化して「プラセンタサプリ

の正しい摂取量は○○○mg」のような表現はできません。


JBPプラセンタエキスから作ったJBPプラセンタ原末の正しい

摂取量は?

JBPプラセンタエキスはプラセンタ注射剤ラネンネックと同じ抽出

方法のプラセンタエキスです。

前にも書きましたが、JBPプラセンタサプリの最初の製品はヒト

プラセンタエキスを使ったラエンネックP.Oです。 

定期的に病院に通ってプラセンタ注射を受けられない患者様の

ために開発されました。ヒトプラセンタ原末が1粒350mg入っていま

す。ちなみにラエンネックは原末換算すると1アンプルに110mgほど

入っています。注射と服用では効き具合が違いますので、力価はこの

ように換算されました。


 ヒトプラセンタ原末700mg(2粒)= ラエンネック1アンプル(2cc)


日本国内でサプリにヒトプラセンタエキスは使用できません。ですので、

生物学的にヒトに近いブタプラセンタを使ったポーサイン100(1粒に

ブタプラセンタ350m含有)を医療機関様向けに開発しました。

こちらは1日3~6粒をお勧めしています。ヒトとブタは違う生き物なの

でヒトプラセンタサプリより多目をお勧めしています。


ヌメロトワラミュレットプラセンタサプリは馬プラセンタ原末でポーサ

イン100と同じ1粒に350mg含有しています。当たり前ですが病気など

の治療が目的ではないので1日2粒~4粒をお勧めしています。

でも1粒でも「肌がしっとりする」というご感想をいただいています。


前にも書きましたが美容目的であればプラセンタ注射も毎日受ける方は

いらっしゃらないと思います。だいたい多い方で週2回2~4アンプル

ぐらいでしょうか。であれば、必ずしも毎日飲む必要もないかもしれま

せん。


ただ、ひどく肌荒れしているとか、年齢的な身体や肌の変化がとても

気になるという場合はイニシアティブロードと言って、飲み始めは

毎日多目4粒から6粒お飲みいただいて状況が落ち着いたら徐々に量や

頻度を減らすという方法がいいかと思います。


プラセンタサプリを選ぶときはきちんとしたサインエンスに基づいた

抽出方法で作られ、摂取量にもサイエンスがあることがとても大切だ

と思います。


なぜなら5年後、10年後に「私はB社のプラセンタサプリずっと

欠かさず毎日飲んでいたのに、A社のプラセンタサプリを飲んでいる

彼女とどうして違うのかしら?」と思ってからでは正直遅いです。

遅すぎることはないですが、色々な意味でもったいないと思います。