大人のためのプラセンタ JBPプラセンタの本当の話

総窒素濃度0.8w/v%は.......

ヌメロトワJBPナイトセラムの濃度について説明するときに「総窒素

濃度0.8w/v%」と表現していますが、これはプラセンタ注射剤

ラエンネックと同じ濃度です。ただ広告ではこのような表現ができ

ないため馴染みのない単位だけでの表現となっています。


通常、日本生物製剤の作るJBPプラセンタエキスを化粧品に使用する

ときはここまでの濃度のものは使いません。ここまでの濃度にしなくて

も外用としての効果があるからです。


なぜヌメロトワJBPナイトセラムは0.8の濃度にしたかというと.....

10年ぐらい夜のスキンケアに日本生物製剤のGHCシリ-ズの化粧品

(今はさらにパワーアップしたLNCになっています)を使っていて

シミやしわなども増えず、常に肌の調子が良かったので、

オーガニックライフスタイルにシフトした私は100%ナチュラル

なJBPプラセンタエキスの化粧品をどうしても作りたいという

思いがありました。


試作の段階では3つの濃度を作りました。0.8がMAXです。

化粧品なので0.8まではいらないかもしれませんが、やっぱり

0.8のものが欲しかったです。


理由は2つあります。

1. 0.8のものは例えば傷や火傷に塗布すると治りが早く跡も残りに

      くいということを経験的に知っていたから。

2. 外用(スキンケア用品)として0.8の濃度のものがあれば、オイルや

  乳液、クリームなど他の化粧品と合わせても、外用として効果が

  ある濃度が保てる。

という理由から濃度は0.8に決定しました。こうやって

その時その時の肌の状態に合わせて、そのまま使っても、他の化粧品と

合わせても使える、カスタマイズできるJBPプラセンタ原液が出来上

がりました。


日本生物製剤の開発にかかわってくれた社員たちの尽力と

(株)ファーマパック様がラエネックの外用家庭版があればいいな

という私の願いを叶えてくれました。


たまに吹き出物がでても、シャンプーの時に間違って額をひっ

かいても、日焼けしてシワシワしてしまってもヌメロトワ

JBPナイトセラムがあるので安心です。

ここだけの話ですが、デリケートソーンの痒みにもほんの

一滴で快適になります。

もちろん年齢肌の悩みもほとんど感じません。サプリとの

併用による相乗効果があるおかげもありますが、作っても

らって本当に良かったです。